よくあるご質問

  • ピアノ買取について

ピアノ買取について

傷や汚れがあっても買い取り可能でしょうか?

生活キズや演奏する上でのすり傷などは問題ございません。予め概算の見積もりをお送りしておりますのでほとんどのケースでそのまま買い取らせて頂いております。再度見積もりした場合の例としましては、業務用のもの、響板割れ、本体ひび割れ、部品欠如、害虫被害、害獣被害などがあります。尚、火災、水害ものは取り扱いございません。

買い取りを依頼した際の計算方法はどのようなものですか?

ピアノ本体から運送代を差し引いた額をご案内しております。調律師がお客様の状態を聞かせて頂き、お値段を査定させて頂きます。

代金はどのように支払われるのでしょうか?またいつもらえるのでしょうか?

ピアノと同時お引替えで現金にてお支払いしております。

どのようなケースで査定額が減らされることになりますか?

ご申告内容に相違があった場合です。例えば型式や色の相違、業務用のもの、響板割れ、本体ひび割れ、部品欠如、害虫被害、害獣被害、過度な日焼け、搬出方法の相違などがございます。

遠方なのですが、出張査定・買い取りは可能でしょうか?

はい、基本的には全国買取りしております。ただしチェーンタイヤが必要な冬シーズンは運送代金が上がりますので、雪の無い時期がおすすめです。

手放したピアノはそのあとどのようなところに行くのでしょうか?

基本的には倉庫に入ったときに、調律師が一度中を拝見してから判断致します。クリーニングや修理などいろいろなケースがあります。

取り扱い表に載っていないメーカーの買取りは可能でしょうか?

ヤマハ・カワイ以外のピアノは年々厳しい評価となっております。随時お調べ致しますので、お問い合わせください。

SNS

  • お電話→
  • お電話
  • メニュー